Leqtique
Maestoso

商品コード: BG

コンディション: Used

Sold Out

メーカー: Leqtique

関連カテゴリ

  1. Pedals
  1. Used Gear

Review

Leqtique,,,, それはShun Nokina Design etc での経験を元にShun Nokina 氏が"Reality" を追い求め、スタートしたブランドです。
SND 同様のエリートコンポーネンツや、徹底的なハンドメイド構造などが特徴であり、“コストパフォーマンス” を遥かに超えた異世界を提示します。

“Maestoso”(Aka MAT)は、廃盤のMARに続くLeqtique第2作目の作品です。
 近年、流行しているモディファイ系のTSつまり、“TS系”と呼ばれるものの一番重要だと思えし改造点を抑えることからこのエフェクターの開発はスタートしました。
それはつまり、

1.ゲイン、ボリュームの可変域を増強すること。
2.カットされたローエンドを取り戻すこと。 
3.高速なオペアンプ(心臓部)を使用し、解像度を確保すること。

この3つでしたが、まず1については現行で存在するTS系のそれよりも双方ともさらに強化してあります。

これによって、他の項目とあわせて、Clean Boost~Low Gain Overdrive~Hi Gain Overdrive~Distortionまで幅広い使用用途においてお楽しみいただけるようになりました。

2の項目について、これはMATのキャラクターの確立という点も考慮しながら、他のTS系よりもかなり強いローエンドにしてあります。Low~Low Midまでしっかりした太い芯が存在することより所謂TSの代名詞である、“Midrangey”なサウンドキャラクターでは対応できなかったシチュエーションに対応できるようになりました。

ハイエンド系のモディファイTSには必ずと言っていいほど搭載される高速オペアンプOPA2134を同じように採用していましたが、最大時のゲインレンジをそれらよりもさらに上げたMATでは極めて不安定な状態になることから、よりハイエンドなAnalog Devices社の高速オペアンプAD712を採用することで解消しました。
その過程でとても嬉しいことに、さらなる解像度の向上、また歪の質感がOPA2134(+ Sym LED Clip)タイプのものよりも柔らかくなり、弾力的な独自の質感とともに、MAT自体の個性が強化されました。
是非、様々なシチュエーションに応じて、Clean Boost~ハードな歪まで“TS系”という枠にとらわれることなく、機材の選択肢の一つとしてお楽しみいただけたらこの上ありません。

by Shun Nokina


塗装の欠けや細かな傷が見られますが、ツマミのガリもなく問題なく動作します。箱などの付属品類は欠品しており、本体のみです。


Control : Volume, Tone, Gain

電源はDC9-18Vセンターマイナスアダプターまたは9V電池で動作します。
 
※MATは、各コントロール(特にVol,Gain)の可変域を非常に大きく取っているため必要以上に回しすぎると環境によってはハウリングやノイズ過多の原因となりますのでご注意ください。
※ハンドメイド品なので塗装は一台一台異なり、またムラや傷がある場合がございます。今回入荷分は写真の個体となります。
入力インピーダンス(Input Z) = approx(約) 410(kΩ)
出力インピーダンス(Output Z) = 1(kΩ)以下
消費電流 = 7.2(mA)

Specifications