Martin
[SALE] D-28

商品コード: BG

コンディション: New

通常価格:¥ 332,100 (税込)

[SALE]

Price+Tax ¥ 307,008 (税込)

Price ¥ 284,267 (税抜)

国内送料:¥ 2,000 (税込)

メーカー: Martin

関連カテゴリ

  1. Acoustic Guitar
数量

Review

良いものは良い・・・だからこそ長く受け継がれる。
それぞれの年代でその時代のテクノロジーを採用しつつ、マイナーチェンジを繰り返しながらもその大筋は変わらず現在に至るまで受け継がれている名器「D-28」。

「D」は1916年からしばらく特注のギターとして作られ、1931年にD-18とD-28がレギュラーのラインナップに加わり、1934年に14フレット・ジョイントとなって完成しました。このDの型番は英国海軍が誇る当時最大級の戦艦「ドレッドノート」を由来としていますが、それまでになかったくびれを抑えたでっぷりしたシェイプ、当時としては最大級のボディが発する迫力のある音量は戦艦ドレッドノートのイメージとマッチしていました。

時代や流行の求めに対して常に積極的な攻めの姿勢をとり続けるマーチンが、さらなる大音量化の求めに対してオリジナルシェイプを開発せずに15年も前の設計図を引っ張りだしてきたのは、当時のアメリカが世界恐慌から端を発する長期的な不景気の渦中にあったからで、とても新規開発に回す予算など得られなかったからであろうと考えられます。不景気も災いし、最初の3年間はD-18とD-28合わせて30本しか売れなかったと記録されていますが、音量と伸びがあり低音が豊かに響くDはボーカルの伴奏に真価を発揮することが認知されていき、当時の流行であったカントリーやブルーグラスなどのジャンルでは必須の存在になっていきました。

そして、ギターの構造に革命を起こしたXブレーシング・・・「ブレーシング」はボディの補強と響きを調整する二つの役割がありますが、マーチンギターのボディトップ裏には全て「Xブレーシング」が採用されています。2本のブレーシングがサウンドホールのすぐ下で交差する構造は、スチール弦の張力に耐えうる強度をボディトップにもたらし、なおかつトップを均一に振動させる優れた性能を持っています。この剛性と音響性能により、それ以後のアコギを変えてしまった革命的な設計です。

トップ材はもともとアディロンダック・スプルースが採用されていましたが材料が枯渇し、その結果 時代のサウンドと材料供給の安定を考慮しシトカスプルースを採用。現在までそれが受け継がれています。近年では長年のアディロンダック・スプルースの植樹が功を奏し、高級モデルであるAuthenticやMarquisに採用されています。

サイド・バック材は、当時はハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)を採用していましたが、ワシントン条約で伐採/輸出が禁止された結果、インディアンローズウッドに変更。ハカランダよりも粘りがあり、前述のシトカスプルースとの相性も良く、豊かなアコースティック感を感じさせる飽きの来ないオーソドックスなサウンドです。このシトカスプルースとインディアンローズウッドのコンビネーションが現代のアコースティックギターの金字塔と言えるスペックとなっています。

時代によって細かなリシェイプが施されてきたネックシェイプ・・・D-28に採用されている「ロープロフィール」ネックグリップは、現代的なやや薄めの形状であり、親指を出して握ることを想定した適度な細さでストレスなく演奏することができます。マホガニーネックがマーチンの基本仕様でしたが、現代のD-28のネック材は「Select Hardwood(=厳選された堅い木)」とされています。100万円を超える上位機種「D-28 Authentic 1941」でも「Solid Genuine Mahogany(=マホガニーの無垢材であることに間違いはない)」とされていますが、これは決していい加減な表示をしているのではありません。品質の高いネック材が慢性的に不足しており、世界中に流通させるだけの十分な量を確保できなくなっているからです。「Select Hardwood」ならば、マホガニーばかりではなくサペリなど近い性質の木材も使われているが、マーチンのネックとして十分な品質があるという意味で、「Solid Genuine Mahogany」ならば、ホンジュラス産かもしれないしアフリカ産かもしれないけれど、間違いなくマホガニーが使われているという意味で、色々な方面からネック材を工面しているマーチンの苦悩が伺えます。

マテリアルの産地や品種にユーザーがこだわるのはマーチンも痛い程承知しているのですが、だからといってアフリカンマホガニー、サペリ、アマゾンマホガニー、チャイニーズマホガニー、フィリピンマホガニーなどいちいち区別していては、そのためにいちいち異なるモデル名を設定しなければならず、市場の混乱を招いてしまいます。よって「マテリアルの詳細が表示できないのは申し訳ないが、間違いのないクオリティのギターを作るので、マーチンを信用して下さい」と言うわけです。この表示が物議をかもしたこともありましたが、生産されるギターのクオリティがしっかり保たれていることから、現在では市場からも受け入れられています。

時代と共に歩み、多くの名曲と共にあったD-28・・・
誰もがそのサウンドに耳を傾ける音色・・・真新しさや派手さはないながら変わらない良さを感じさせる名器です。
ラッカーフィニッシュならではの経年変化で、音が育っていく様を楽しめるのも新品のD-28ならではでしょう。

Specifications

Top : Solid Sitka Spruce
Top Bracing Pattern : Standard "X"
Back Material : Solid East Indian Rosewood
Side Material : Solid East Indian Rosewood
Neck Shape : Low Profile
Fingerboard Material : Solid Black Ebony
Scale Length : 25.4"(645.2mm)
Fingerboard Width at Nut : 1-11-16"(42.9mm)
Bridge Material : Solid Black Ebony
Bridge Style : Belly
Tuning Machines : Chrome Enclosed w/Large Buttons
Pcikguard : Black
Case : Original Hard Case(640 Molded)