FUJII GUITARS
OM-cw Cocobolo / Bearclaw German Spruce

商品コード: BG

コンディション: New

Price+Tax ¥ 685,800 (税込)

Price ¥ 635,000 (税抜)

国内送料:¥ 2,000 (税込)

メーカー: FUJII GUITARS

関連カテゴリ

  1. Acoustic Guitar
数量

Review

弊店Blue Guitarsが所在する富山県に工房を構える「FUJII GUITARS」藤井圭介氏によるOMカッタウェイ。スギクラフト・杉田健司氏のもとで十年以上従事した後、2012年に独立して現在は富山県にプライベートの工房を開いています。

本器はOMカッタウェイモデルの"OM-cw Cocobolo"。
白く美しいウッドカラーにベアクローの入ったジャーマン・スプルースTOP(オプション)、センターにサップの入った美しく赤みを帯びた希少材のココボロをS&B(オプション)、アフリカンマホガニーのネック、エボニー指板、アマゾン・ローズウッドのブリッジ、ココボロのブリッジピン、マグネット着脱式トラスロッドカバー(アマゾン・ローズウッド)、エキゾチックな紋様のエボニーのヘッドプレート、ヘッドのバックプレートはボコーテ、ペグボタンはエボニー。そして、ウッドモザイクのロゼッタ(オプション)とインディアン・ローズウッドのウッドバインディング・・・飾りは全て木材にて製作されており、花梨の赤、黒檀の黒、紫檀の紫、楓の白など、それぞれの木材の風合いを十二分に生かしデザインされています。

まずはその美しい曲線に目が行き、それらを彩る木材の様々な色と風合いに彩りを感じます。特に寄木細工の手法で製作されているロゼッタは藤井氏のデザインにおける高いセンスを垣間見ます。天才ルシアーと称される米国の人気作家、Stephen Marchione(ステファン・マルキオーネ)の工房でアシスタントをしていた経歴も持つ藤井氏。マルキオーネ氏のデザインの中で赤のカラーはひときわ目立った色味を持っています。そのイズムを少なからず受けた藤井氏にも赤の色味に独自のセンスを感じます。彼が使う赤は「花梨」の赤。寄木細工のロゼッタにはその赤が大きな存在感を放ち、楽器全体の印象をエレガントに仕上げています。

塗装は下地をセラックで処理し、クリアトップをニトロセルロースラッカーで仕上げています。ベアクローを含んだジャーマン・スプルースは美しい白色で気品を感じさせるエレガントさ。バックはサップの入ったココボロがエキゾチックな雰囲気を感じさせます。サウンド的には、まず各弦の音量感のバランスの良さを感じずにはいれません。低音から高音までまんべんなく詰まることなくアウトプットされるサウンド。そしてその音の1弦1弦の輪郭の太さとクリアさ、そこに繊細さが同居する何とも言えない心地よさがあります。指で弦を鳴らしたときに、音がすっと詰まることなく素早く反応し、音がどんどん流れていくような錯覚を覚えます。素早いレスポンスは弾き手のイマジネーションを刺激します。ダイナミックでありセンシティブでもある、ある意味相反する要素を兼ね備えています。ずっと弾いていたくなるサウンド、そしてストレスなく長時間抱えやすいのも本器の特徴です。ベネチアンのカッタウェイもデザイン的に気取りすぎず演奏性を高めており、少し高飛車になりがちなスペックを良いバランスでまとめています。エレガントさと気品を感じさせつつも、どこか郷愁的でいつでも気軽に手にとれるおさまりの良さも感じます。

各部の接着の多くにはニカワを使用していますが、藤井氏いわく、ハイドグルー(ニカワ接着)はあくまで手段であり、全ての箇所においては採用していないとのこと。全てはギターが氏のイメージする最高の形となるべく、最善の手段を用いて至高のギアとなるべく彼のセンスでビルド~サウンドデザインされています。クリアで太い音の輪郭の中に、温かみのある倍音の豊かさを内包するのも様々な最善の手段を用いた結果でしょう。奥深い響きを持ちながら、決して過剰でないサウンドは弾き込むほどにはまっていきます。ネックは握り心地のある薄すぎず太すぎないオーバルシェイプです。

製作者として、ユーザーフレンドリーなことも本器には盛り込まれています。製作後の短期の経年変化でトップ/ブリッジ位置が多少変化することを想定し、サドルの下には0.5mmのシムが入っています。しばらくして安定したときにこのシムを抜けば定位置で安定することをイメージしています。長年の使用によるトップ浮気に対しても、ブリッジ下にもう一つのXブレイスを備え、剛性を高めていることも嬉しい備えです。そしてトラスロッドは順/逆の両方の反りに対応する2WAYで、使用する地域のシビアな気候にも対処できる安心を備えています。

製作における手段には、新旧問わず良いと思ったものは取り入れる柔軟な発想を持つ藤井氏。そしてそれは高い製作技術と抜群のデザインのセンスによってビルドされます。彼の描く曲線は実物を見た時により鮮明に感動を覚えます。

藤井氏と同じく富山県で工房を構える杉田健司氏、アメリカの本土にて工房を構えるステファン・マルキオーネ氏・・・この偉大なる二人の名工から受け継いだイズムを自身の中に昇華し、そして藤井氏が持ちうる類まれなるセンスと日本人らしい勤勉さ、技術の高さが相まってFUJII GUITARSは至高のギアとしてその存在を放っています。富山県にてショップを構える弊店として、この価値が富山から全国へそして世界へデリバリーされていることを嬉しく思います。ぜひ手に取っていただきたい1本です。

Specifications

Year : 2016
Top : Solid Bearclaw German Spruce
Side : Solid Cocobolo
Back : Solid Cocobolo
Neck : Mahogany
Fingerboard : Ebony
Bridge : Amazon Rosewood
Machine Head : Gotoh 510 / Black Chrome
Fingerboard Inlay : none
Rosette : Wood Mosaic
Binding : Rosewood
Pick Guard : Clear
Pick up : none
Nut width : 44mm
Scale : 643mm
Weight : 2.228kg
Case : Original Hard Case